3000万署名を活用して安倍政権を退陣に!

 10月3日、愛労連も参加する憲法改悪反対愛知共同センターが主催し、「3000万署名スタート集会」が開催されました。安倍政権が憲法の改悪を狙う中、自民党は衆議院選挙公約で自衛隊の明記を掲げています。それに加え、市民の目線でたたかうとした野党共闘の一角であった民進党が分裂し、新党への参加組や立憲民主党を立ち上げる人など様々現れ、有権者の中にとまどいが広がっています。情勢が混沌とする中、改憲勢力にどう対向していくのか、会場いっぱいの参加者で学習と交流をおこないました。 講演に立ったのは、総がかり行動実行委員会共同代表であり全労連議長の小田川義和さん。小田川さんは、突然の解散総選挙について、「市民と野党の共闘で安倍政権を追い詰めた結果の側面もある」と情勢を丁寧に分析して報告しました。さらに、希望の党は自民党の補完勢力であり、暴走政治を止め、9条改憲を断念させるため、衆議院選挙の重要性を強調。安倍政権を退陣に追い込むため、選挙中でもひるまず署名にとりくもうと訴えました。
 会場からは選挙期間中の行動について質問が集中する中、3000万という大きな目標を前に、早くから署名にとりくんでいる団体から元気な発言も出され、熱気を帯びたスタート集会になりました。

カテゴリー:トピックス キーワード: