第88回愛知県中央メーデー宣言

私たちは本日、労働者・県民の団結と連帯の力で第88回愛知県中央メーデーを成功させました。

◇すべての労働者・県民のみなさん
私たちの生活は、消費税増税、物価の高騰、実質賃金の低下で、ますます苦しくなっています。その一方で大企業は、大規模な人減らしや下請けいじめ、優遇税制によって300兆円をこえる巨額の内部留保を溜め込んでいます。
安倍首相は企業が儲かれば賃金が上がり景気も良くなるといい続けていますが、そんなことは起きていません。「アベノミクス」は大企業や一部富裕層だけが恩恵を受けただけで、貧困と格差はますます拡大しています。いま必要なことは、大企業の内部留保の還元し、すべての労働者の大幅賃上げと底上げで消費を増やし、地域経済を活性化することです。大企業優遇の政治ではなく、私たちのくらしを改善する政治を実現しましょう。

安倍政権の「働き方改革」は、過労死ラインを超える月100時間の残業を合法化し、過労死の根絶に背をむけるものです。「同一労働同一賃金」も男女差別を解消するものではなく、正規と非正規の格差を容認するなど、均等待遇とは程遠いものにとどまっています。過労死ゼロ、男女差別のない社会をつくりましょう。

◇すべての労働者・県民のみなさん
安倍政権はこの通常国会で共謀罪を成立させようとしています。国民の電話やメールなどプライバシーを監視し、相談しただけで逮捕・処罰する現代版治安維持法にほかなりません。テロ対策という口実も破綻しています。国民の内心の自由を侵害することは憲法違反であり、過去3度も廃案になりました。この法案の狙いは、国民の声と運動を抑圧し、モノ言えぬ戦争国家づくりです。共謀罪反対の世論を広げ、今度も廃案にしましょう。

安保関連法は、いつでもどこでもアメリカと一緒に戦争するための法律です。「2度と戦争しない」と決めた憲法9条をかなぐり捨て、日本が攻撃されていないのに、集団的自衛権を行使して他国の戦争に加担することなど許されません。憲法違反の法律は無効です。安保関連法を廃止させ立憲主義を取り戻しましょう。戦闘地域である南スーダンに派遣している自衛隊は直ちに撤退させましょう。
沖縄の民意を無視し、辺野古新基地建設をすすめる安倍政権は許せません。そのうえ危険なオスプレイの全国配備などとんでもありません。日本のどこにも基地はいらないの声を大きくひろげましょう。

◇すべての労働者・県民のみなさん
いま、安倍政権を脅かす大きな変化がおきています。原発ゼロや安保法制廃止の運動が全国津々浦々にひろがり、「安倍政治を許さない」世論が大きく成長しています。昨年以降、立憲主義を取り戻し安保法制廃止、安倍政権打倒を目指す市民と野党の共闘はますます大きくなっています。働くものが力をあわせ、希望を持ってたたかい続ければ、攻撃は必ず跳ね返すことができます。それは、メーデーの歴史が証明しています。
「8時間は仕事のために」「8時間は休息のために」「残りの8時間を私たちの好きなことのために」、そして「8時間でまともにくらせる賃金を」。この要求を高く掲げ、世界の労働者と連帯してたたかいをすすめましょう。
働く者の団結万歳! 世界の労働者万歳! 第88回メーデー万歳!

2017年5月1日

第88回愛知県中央メーデー

カテゴリー:みんなの力でアピール・決議・宣言 キーワード: