サマーセミナーin富山に72人が参加!!

 2016年9月17日(土)から19日(月祝)の3日間、富山県滑川市「東福寺野自然公園」で『全労連・東海北陸ブロック青年交流会 第25回サマーセミナー』が開催されました。東海北陸ブロック全7県から72人が参加しました。(富山30人、愛知12人、岐阜10人、みえ7人、静岡9人、福井2人、石川2人)1日目_6479s

 今年のスローガンは「友だち100人つくらんまいけ(富山弁で友だち100人つくろうよ)」。新たな友だち・つながりをつくることを目標にして他県・他職種の青年と交流と学習を楽しみました。

 1日目は普段なかなか話す機会のない他県・他職種の青年とはたらく上での不満や悩み、労働組合に関するテーマで話し合う『ワールドカフェ』から始まりました。様々な単産から青年が参加しているのはもちろん、労働組合がない職場ではたらいている青年、はたまた大学生である青年も参加しているなど多種多様な立場での語り合いは日々、仕事に忙殺されている自分を見つめ直す良い機会になりました。夕食は海鮮バーベキューで、その合間に借り物競争を参考とした班対抗デザート争奪戦が行われました。富山自慢の海鮮物に舌鼓を打ちつつ、交流も深められました。
 2日目の午前は「最賃学習」と「戦争談話」の2つの分科会に分かれてそれぞれ学習をしました。午後は4つのお楽しみ企画を予定していましたが、生憎の天気で「クルージング・海王丸見学」コースと「富山市内戦跡巡り」コース、「魚津水族館」コースの3つに分かれて、楽しみました。夕食は二夜連続のBBQで、お肉と焼きそばを堪能しつつ、班対抗クイズで班メンバー同士結束を強めました。
IMG_9111 3日目は「サマーセミナーアフター企画を考える」をテーマにグループトークを行いました。労働組合の良いイメージを伸ばす・よくいないイメージを変える企画について考えました。どの班も個性的かつ魅力的なイベントを考えていました。
 今回のサマーセミナーではグループ(班)での時間を例年よりもより大切にしていきたいと位置づけ、交流ビンゴなどグループでの取り組みも昨年に引き続きおこないました。そうすることで、グループ交流の時間が密に取れ、各グループ内でつながりが強まり、活発に交流・意見交換をすることができました。

 今回のサマーセミナーでは参加者が思いを出し合い語り合うことで、新たなつながりをつくることが出来ました。「友だちがたくさん出来ました」「楽しかった。また来年も参加します」といった感想がたくさん寄せられました。来年以降も新たなつながりをサマーセミナーはつくっていきます。

 

IMG_8974IMG_9008IMG_9185

カテゴリー:トピックス青年協