最賃生活体験ごくろうさん会&報告会

 愛労連では2月の1ヵ最賃体験報告会月間、75人の仲間が最低賃金生活体験(1ヵ月=780円×8時間×22日=13万7280円)にチャレンジしました。昨年は最後までとりくんだ46人の中で、指定金額以内でおさまったのは16人でした。今年はどんな結果になったのか、体験者の声をきき、結果をまとめて、今年の最賃引き上げのとりくみで審議会に提出する資料や労働局との交渉などに活用します。
 報告会はどなたでも参加できます。まともにくらせる賃金はどれだけ必要なのか?最低賃金で暮らすのはどんな生活かなど、お互いの賃金明細を持ち寄り、ざっくばらんに語り合いましょう。みなさんの参加お待ちしています。

愛知最賃闘争ニュース(PDF版)

 

カテゴリー:トピックス キーワード: