賃上げでデフレ脱却を!第84回愛知県中央メーデーに3500人

愛知県中央メーデー全景5月1日、白川公園(名古屋市中区)でおこなわれた第84回愛知県中央メーデーには、労働組合など250団体から3500人が参加しました。

実行委員長の榑松佐一愛労連議長は「安倍内閣はお札の増し刷りで見せかけの景気回復をつくろうとしているが、いま必要なことはすべての労働者の賃金引き上げです。さらに日本を『戦争する国』にしようとする憲法改悪のたくらみにすべての労働者・国民と連帯して断固反対し、要求実現のため団結してがんばろう」とあいさつしました。

この集会には、愛知憲法会議の本秀紀事務局長、日本共産党の岩中正巳県委員長、社会民主党愛知県連合の平山良平副代表、新社会党愛知県本部の保田泉書記長がかけつけ激励のあいさつをおこないました。  

ガンバローをする参加者集会には「愛知県 学費と奨学金を考える会」からもメッセージが寄せられ、「高い学費が多くの労働者を苦しめています。奨学金制度の改善に向けて愛知県での運動を広げていきたい。ともに力をあわせていきましょう」とエールが送られました。

このメーデー集会は、多くのテレビや新聞でも「賃上げでデフレ脱却を」(中日新聞)と報道され、安倍政権の見せかけの景気回復ではなく、すべての労働者の賃上げによる景気回復を大きくアピールすることが出来ました。

地域のメーデー集会多彩に

愛知県下では、6ヵ所でそれぞれ地域メーデー集会を開催。「出し物が増えて華やかな集会になった」(東三河)、「愛労連加盟だけでなく、多様な労組・団体が集う集会として定着している」(安城地区)、「ケーブルテレビが取材に」(一宮)、「強風の中でも4種類の署名を104筆集めた」(尾張中部地区)など様々にとりくまれました。

カテゴリー:トピックス キーワード: