さようなら原発in愛知3.11明日につなげる大集会アピール

昨年3月11日の地震・津波、そして原発事故から私達の生活は一変してしまいました。

海、空、大地は汚れ、子どもたちの遊びは制限され、海や山の幸もおいしいと無邪気にほおばれない日々です。地震国の日本に54基もの原発があり、この愛知では、福井の原発銀座、また活断層の上に建つ浜岡原発という恐ろしい驚異が身近にあります。いったん事故が起きれば家もコミュニティーも失い、命も保障もあてになりません。命をけずって原子力に頼る生活はこれで終わりにしたいと思います。核のゴミは決して消えてなくならず100万年の管理が必要です。これ以上増やしたくありません。

いま、わたしたち大人は、原発を続けるか続けないか、また震災後の日本をどうしていくのか、選択できるギリギリの立場にあります。でも子どもたちは選ばれた道を行くしかありません。原爆を投下された唯一の国としても、これ以上被バク者を増やさない道を選んでいきたい。原発はいま全国で2基しか動いていませんが電気は足りています。再稼働をやめて全ての原発を停め、原発に使うお金を自然エネルギーに投資して雇用を増やすというのはどうでしょう。子どもたちが大人たちより長く生きられる安心で当たり前な社会に戻したい。わたしたちは、そのために知恵と技術をかたむける大人でありたいのです。

わたしたちは父として母として、大人として、さようなら原発と明日につなげる復興を宣言します。一人一人がその人らしく生きるために。一緒に声をあわせていただける皆さんへ。今こそ声をあげるときがきました。沈黙して、賛成だと思われたらシャクじゃありませんか。私らしく、あなたらしく、繋がりあえたらとてもうれしく思います。

そしてこの3月11日は祈りを捧げ、未来にむけてのターニングポイントにしましょう。

2012年3月11日

呼びかけ人(50音順)
・安保成子(おひさまマ~マ主宰)
・安間優希(PROUD LIFE代表理事)
・石井拓児(名古屋大学助教)
・ESAMAN(LOVE & ビンボー作戦本部長)
・岡村晴美(弁護士)
・長田芳幸(内科医師)
・川村ミチル(演出家、俳優)
・小島鐵也(氷河期世代ユニオン)
・佐々木祐恵(真宗大谷派僧侶)
・布瀬綾(着ぐるみ活動家、生存組合)
・森弘典(弁護士)

カテゴリー:みんなの力でアピール・決議・宣言 キーワード: