公務員賃下げ法案阻止を訴え人事院中部事務局包囲

人事院中部事務局前でシュプレヒコールをする参加者

人事院中部事務局前でシュプレヒコールをする参加者

9月6日(火)、愛労連や愛知公務共闘、中部ブロック国公の主催で「国家公務員賃下げ法案阻止」などを訴える人事院包囲総行動がおこなわれ、福井・石川・富山の北陸や静岡・岐阜などから200人が集まりました。
昼休みには名古屋市内の名城東小公園で決起集会とデモ行進を開催。主催者を代表しブロック国公議長の空さんは「削減法案に最後まで反対していく。現給保障は人事院が私たちに約束したこと。要求実現まで座り込み等奮闘する」と決意を表明しました。
続いて榑松愛労連議長は「全国民あげて震災支援しており、公務員もがんばっていることをみんなが知っている。今一番必要なのは国民の生活を整えること。公務員の賃金を下げても復興にはつながらない」と訴えました。中田ブロック国公事務局長の情勢報告、行動提起では「震災で民間給与調査が遅れており、人勧も遅れている。削減法案はなんとしても廃案に。定年延長問題など人事院の姿勢は民主党にこびをうる姿勢。事務局交渉などねばり強い運動をしていきたい」と話しました。
集会後、人事院の入る庁舎をデモ行進しながら周り、行進後、庁舎前で座り込みをおこないました。
カテゴリー:トピックス キーワード: